知のスペシャリスト フェイスブック
HOME > 大学から探す > 角田 伸人

同志社大学

アルツハイマー病の早期診断システムを確立

角田 伸人 (かくだ のぶと)

生命医科学部 医生命システム学科 助教

関連コンテンツ

p22-23

同志社大学 生命医科学部教員父母連絡会報
「Heart&Hand」14号
<知の胎動3>
早期診断システムの確立でアルツハイマー病の克服に新たな道
詳細ページは、
http://biomedical.doshisha.ac.jp/guardian/guardian.html

Profileプロフィール

アルツハイマー病発症に深く関与しているアミロイドβタンパク質の構造の違いに着目して、血液検査などで将来の罹患の可能性を診断する方法を研究。同時に、モデルマウスを使ってアミロイドβが脳内に蓄積するメカニズムを解明しようと考えている。「AMED 脳科学研究戦略推進プログラム精神・神経疾患の克服に関する研究 目的達成型探索的研究」採択。神経変性疾患の克服を目指して期待を背負う若手研究者の一人。

【研究者情報】
教員紹介
http://biomedical.doshisha.ac.jp/staff/system.html

Copyright © 知のSpecialist All Rights Reserved.