知のスペシャリスト フェイスブック
HOME > 大学から探す

大学から探す大学から探す



関西学院大学

研究・社会貢献を通して、関西学院大学のスクールモットーである「Mastery for Service(奉仕のための練達)」の精神の実現を目指します。自由な発想の中から生まれた創造的研究の成果を社会に還元するため、産官学相互の連携の強化や、産業界・自治体等のニーズと大学シーズの橋渡し、受託研究・共同研究等を実施しています。

巳波 弘佳

巳波 弘佳

関西学院大学

理工学部 情報科学科 教授

分 野通信・情報科学
キーワード最適化・アルゴリズム理論、
数理工学、大規模ネットワーク、
確率論、インターネット制御設計
羽村 季之

羽村 季之

関西学院大学

理工学部 環境・応用化学科 教授

分 野化学
キーワード有機合成化学、機能性有機化学、
π(パイ)共役系化合物
橋本 秀樹

橋本 秀樹

関西学院大学

理工学部 環境・応用化学科 教授

分 野物性・物理
キーワード光合成、人工光合成、
超高速レーザー分光
田和 圭子

田和 圭子

関西学院大学

理工学部 環境・応用化学科 教授

分 野化学
キーワード物理化学、ナノバイオ、分光、
プラズモン共鳴、バイオセンサ、
蛍光イメージング
平井 洋平

平井 洋平

関西学院大学

理工学部 生命医化学科 教授

分 野バイオ
キーワード再生医療、細胞分化制御、
発生生物学、ES細胞、iPS細胞
尾崎 幸洋

尾崎 幸洋

関西学院大学

理工学部 化学科 教授

分 野化学
キーワード分子分光学、遠紫外分光、
近紫外分光、ラマン分光、
機能性物質、高分子構造
水木 純一郎

水木 純一郎

関西学院大学

理工学部 先進エネルギーナノ工学科 教授

分 野物性・物理
キーワード酸化物超伝導体、放射光X線、
強相関電子系、誘電・電極触媒
藤原 伸介

藤原 伸介

関西学院大学

理工学部 生命科学科 教授

分 野バイオ
キーワード生物工学、微生物生化学、
特殊環境微生物、超好熱菌、
高機能酢酸菌
松田 祐介

松田 祐介

関西学院大学

理工学部 生命科学科 教授

分 野バイオ
キーワード植物分子生理学、海洋生物工学、生物化学、海洋性珪藻類

研究推進社会連携機構
http://www.kwansei.ac.jp/kenkyu/

関西学院大学
http://www.kwansei.ac.jp/

同志社大学

関西文化学術研究都市に位置する「京田辺」、京都の伝統・文化が集積する「今出川」を拠点に、14学部と独立研究科を含む16研究科を展開。特に、京田辺キャンパスでは、生命医科学部やスポーツ健康科学部などが中心となって、医工融合、産学連携が積極的に進められ、最先端のライフサイエンスの研究成果が生み出されています。

瓜生原 葉子

瓜生原 葉子

同志社大学

商学部 商学科 准教授

分 野ソーシャルマーケティング
キーワード移植医療、マーケティング、
臓器提供、組織マネジメント、
ソーシャルイノベーション
石浦 章一

石浦 章一

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科 特別客員教授

分 野ライフサイエンス
キーワード神経変性疾患、経口ワクチン、
アミロイドβタンパク質、
サイエンス・コミュニケーター
野口 範子

野口 範子

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科 教授

分 野ライフサイエンス
キーワード酸化ストレス、フリーラジカル、
抗酸化、ビタミン、細胞死、
神経変性疾患、動脈硬化
斎藤 芳郎

斎藤 芳郎

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科 准教授

分 野ライフサイエンス
キーワードバイオマーカー、活性酸素、
セレノプロテインP、酸化DJ-1、
糖尿病、パーキンソン病
小林 聡

小林 聡

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科 教授

分 野ライフサイエンス
キーワード転写因子、Nrf1、Nrf2、Nrf3、
ホメオスタシス、神経変性疾患、
酸化ストレス応答機構
浦野 泰臣

浦野 泰臣

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科 助教

分 野ライフサイエンス
キーワード脂質代謝、神経変性疾患、
細胞死、ACAT、24S-OHC
若原 卓

若原 卓

同志社大学

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 助教

分 野スポーツ・健康
キーワード人体筋、骨格筋の構造と機能、
スポーツ運動学、
スポーツパフォーマンス

生命医科学部
http://biomedical.doshisha.ac.jp/

スポーツ健康科学部
http://sports.doshisha.ac.jp/

東京大学

国内外の様々な分野で指導的役割を果たしうる「世界的視野をもった市民的エリート」(東京大学憲章)の育成をアドミッション・ポリシーに掲げ、最先端の研究・教育、産学連携活動に取り組んでいます。なかでも、アジア生物資源環境研究センターは、日本を含むアジア全体の環境保全と生物生産の調和を求める研究活動の拠点になることを目指しています。

長坂 健司

長坂 健司

東京大学

アジア生物資源環境研究センター 木材利用システム学寄附研究部門 特任助教

分 野ソーシャルマーケティング
キーワード木材利用システム、木材流通、
森林政策、森林再生、環境評価

アジア生物資源環境研究センター
http://www.anesc.u-tokyo.ac.jp/

東京大学
http://www.u-tokyo.ac.jp/

Copyright © 知のSpecialist All Rights Reserved.